●JMRC埼玉ジムカーナシリーズ
第1戦(3月11日)
第2戦(4月15日/欠場)
第3戦(5月20日)
第4戦(6月24日)

第5戦(7月29日)
第6戦(9月23日)
第7戦(10月14日)

●その他のイベント
JMRC群馬ジムカーナシリーズ第6戦(8月12日)
ALEX・スフィア夏季合宿(8月18〜19日)
G6ジムカーナ第5戦ALEXラウンド(10月21日)
G6ジムカーナフェスティバル2001(11月25日)

G6ジムカーナフェスティバル2001(11月25日)

主催 ALEX,ALPHA,AZUR,ガレージTT,D-jac (G6ジムカーナ主催者共同主催)
協賛 (株)アペックス,(株)ウイングスジャパン,(株)ウインマックス,(株)エフイーティー,カヤバE&S(株),関越スポーツランド,(株)シスコ・ジャパン,T.M.WORKS,ティーズ(株),(株)テトラクリエイト,(株)東谷山家, 横浜ゴム(株),(株)和光ケミカル
参加台数 151台
開催場所 関越スポーツランド(群馬県)
最終結果 4位/13台(SFFクラス:レーシングタイヤを装着したFF車)
使用車両 三菱ミラージュRS:E-CJ4A


公式結果

PHOTO

レポート:1本目(ドライ)

 
前回のALEXラウンドでジムカーナEVENTの楽しさを思う存分に堪能し、さらに走りに課題を多く発掘してしまった自分はフェスティバルにも速攻でエントリーしてしまいました。そして前日の夜、睡眠不足になることを承知の上で手に入れたばかりのTEINのHTダンパーを装着。車高やアライメントのセッティングに手間取りながら朝を迎えて、ほぼ徹夜状態で会場入りしました(バカですな)。

現地に向かう時、既に新しいショックの手応えにビビってしまいましたが、今日の目標は攻めること。解らないときでも解らないなりに攻めること。今は失敗を未然に防ぐことよりも歯を食いしばってリカバリーすること。つまり、とにかくプッシュする事が今日の目標でした。今日は完熟走行無しです。そして1本目、最初のコーナーでスピン(涙)…。でもめげませんでした。男の子ですから(笑)!!

スピンして凹むどころか、動きの変わった自分の車が楽しくて楽しくて踏みまくりました。スピンしようが失敗しようが、これはつまり目標達成です。攻め抜きました。
 


レポート:2本目(ドライ)

 
2本目も絶対に攻めるぞ!と思って出走しました。スピンしてタイムロスしても構わないから目標は達成しようと決めていました。そして夢中になって走って、気がついたらゴール目前!でも気がついてしまわなければよかったかもしれないです。急に心臓がバクバクして体が宙に浮いているような心境に陥り、アガリ状態になりました。おかげさまで最後のターンは若干ラインを乱して大回り。自分も弱い人間だなぁ…とづくづく。その時点ではトップタイムを0.8秒上回りましたが、全日本選手二人と前回ALEXラウンド優勝の大江選手に逆転されて4位。特に3位の坂本芳治選手には8/100秒差で負けて悔しいのなんのって!!!0.08秒っす!これはダイエットしちゃいますね。この負け方はダイエットしちゃいますね。なにげに70kgあるんです。目標は63kg。このオフで痩せます。絶対に!!

練習して上手くならなくちゃ本末転倒なんですけどね(笑)
 

 

UP

HOMEに戻る

LINK BANNER